メンバーの…

 

写真撮ったから載せます。

 

 

ドン!

 

 

ドン!!

 

 

 

 

ドン!!!

 

 

 

決して

手抜きブログではありません…。

 

恋する惑星/天使の涙 その2

こんばんは。今日は天使の涙について。

もちろんウォン・カーウァイ監督作品。95年香港映画。

当初は恋する惑星の続編かなと期待してましたが別個の映画です。

私は勝手にパラレルワールドと理解しました。

トニー・レオンが出演してないのは少し寂しいですが…、こちらも大好きな作品です。

 

恋する惑星ではトリリンガル?ぶりを発揮していた金城武が、

今回は口がきけないモウ役。閉店後のお店を荒らしまくる、とても明るく可愛らしく愛らしい青年。

それとは対照的な殺し屋役レオン・ライとパートナー役のミシェル・リー。

(ミシェル・リーが美しすぎてびびるっ!!)

殺し屋と出会う自由奔放な金髪女役カレン・モク。インパクト大。

モウと出会う電話越しに喋りまくる姿が印象的な失恋女役チャーリー・ヤン。

(モウと失恋女の絡みが好き。)

 

と、個性的な5人が魅せるストーリーです。

 

そして音楽は、Only You/ The Flying Pickets (Yazooのカヴァー)。

Flying〜のオリジナル楽曲と思ってましたが、元ネタはYazooだったんですね…

Only you/Yazoo

 

 

ということで私は映画全然詳しくないですが、

こんな映画はこの先、生まれてくる事はないなと

あの時代だったからこそ出来た「キラキラ」だったんだなと思います。

うん、なんかキラキラしてるんだよね…本当にこの2本だけはいいなと、ずっとずっと心に残って色褪せない作品だと思います。

 

天使の涙

 

恋する惑星/天使の涙

こんばんは。

記念すべき第一稿目のブログが短すぎると思いのほか反響をいただいております。

(今日は長いと思うよ…)

まずはブログタイトル「一万年愛す」について。

この言葉にピンときた方とは友達になりたいぐらいですが…

私の中の永遠のFavorite moveになるであろう「恋する惑星」

そこに登場する、金城武が演じる刑事223号が放つ言葉からとりました。

 

 

もう18年前の香港映画(ウォン・カーウァイ監督作品)です。

香港の独特な雰囲気のある街並みやセリフの一つ一つ、

自由で不器用な登場人物たちがキラキラしててその世界感に完全に魅了されました。名作です。

 

そして、映画を彩る音楽もかなり素敵。

フェイ・ウォン演じるフェイが、働いてる店でかけまくってる

「夢のカリフォルニア」(ママス&パパス)。

そのフェイが歌ってる「夢中人」(フェイ・ウォン)

↑ドリームス/クランベリーズのカヴァー。

こちらも一度は耳にしたことがある名曲たち。

 

 

そしてそして、なによりももう一人の刑事633号

私はこの人の眼差しにやられました。

 

恋に落ちました。まさしく胸をドキュン!と打ち抜かれた感じ。

警官服姿にもやられた。(その後刑事633号がトニー・レオンという俳優さんと知り、出演作品を立て続けに見た記憶がある…。)

タオルや石鹸に話しかけちゃうところなんかもすごくカワイイんだよな。

 

 

と、まあ語り出すときりがない…

YOUTUBEでも貼っとくべ。

 

恋する惑星

 

恋する惑星といえば天使の涙になるのですが、それはまた次回にでも書こうかな。

 

ブログスタート。

こんばんは。

今日から、密かにブログ始めます…。

思ったこと、感じたことなどなど…書きたいと思います。

 

 

よろしく!